ファーストクラッシュとノンエーのニキビへの効果の違い

効果の違いはグリチルリチン酸

ファーストクラッシュとノンエーは両方ともニキビケアに効果があることで人気があり、ネット上ではよく比較されている商品です。口コミでも高い評価を受けていて、おすすめとなっているので、効果の違いを理解して自分にあったものを選ぶと良いでしょう。

 

 

ファーストクラッシュはニキビの治療薬に良く用いられる、角質を柔軟にしてくれるサリチル酸を配合しています。
この成分の作用によって角化した肌に生まれる角栓を取り除き、ニキビの初期状態である面皰を予防できる効果があります。炎症によって発生したニキビ自体を抑える働きはありませんが、その他の保湿成分と共に予防ができるので、ニキビが出来やすい肌におすすめです。

 

 

また、洗顔料や化粧水、美容液などの効果があるオールインワン洗顔料となっているため、ファーストクラッシュ1本で全てをまかなえるというのが特徴となります。

 

 

ノンエーの主成分はグリチルリチン酸と呼ばれる甘草から抽出されたエキスで、美白や抗炎症作用があることから他の化粧品でも良く利用されています。

 

ファーストクラッシュとの効果の違いとはこのグリチルリチン酸のことで、ニキビの発生を予防するというよりは、ニキビが発生してからの炎症を鎮め、早期に治療するといった使い方になります。

 

 

また、美白効果によってニキビ跡のシミにも効果があるので、その後のケアにも役立つようになっています。ヒアルロン酸やローヤルゼリーなども配合され、効果的な保湿ができますが、化粧水や美容液が必要になるのが難点です。ニキビへの効果の違いは前述の通りで、ニキビ予防にファーストクラッシュ、ニキビが出来た後のケアにノンエーと考えておくと良いでしょう。